結核ってこんな病気

結核の正体

結核の種類

結核菌はひとたび感染すると、全身のどこにでも広がって病巣をつくります。たとえば、脳の髄膜で定着すれば結核性髄膜炎を起こし、腎臓に病巣ができれば腎結核になります。また、骨や関節にすみつくと脊椎カリエスや骨・関節結核などを起こします。全身に粟粒のような小さな病巣が無数にできる粟粒結核もあります。

このように結核菌の攻撃対象の幅は実に広範囲に渡っています。しかしながら結核のうちでもっとも多いのは肺を病巣とする肺結核で、全体の8割を占めます。ではなぜ、肺結核がもっとも多いのでしょうか。その理由は肺の中が結核菌の増殖にもっとも適しているからです。

結核菌は空気と一緒に吸い込まれるので、最初に到達するのが肺です。そのため、肺が第一の活動拠点となるのですが、さらに結核菌は酸素があると増殖しやすく、大量の酸素がある肺の中は結核菌にとっては絶好の繁殖場所なのです。

このように結核菌はまず肺に感染し、そこで病巣をつくると血液やリンパの流れに乗って全身に運ばれていきます。そして、体のあちこちで病巣を作ります。これらを肺外結核といい、冒頭で示した様々な結核となるのです。

結核は適切に治療を行えば治る病気です。ところが結核を治すはずの薬の用い方を誤ると、非常にやっかいな事態になります。薬が効きにくい、新たな結核を発生させるのです。結核の治療には抗結核薬という薬を用います。そのうちもっとも重要なイソニアジド、リファンピシンという二つの薬に対して、同時に耐性が生じてしまった結果のことを「多剤耐性結核」といいます。耐性ができると薬が効かなくなり、治癒率は50%ほどに低下し、治療が困難になるのです。