結核ってこんな病気

結核の治療

入院治療

結核は感染症で、人から人へうつる恐れがある病気です。感染の拡大を防ぐため、入院しなければならない場合もあります。入院治療は、感染症法という法律で定められていることです。これらは患者さんに適切な治療をおこなうことはもちろん、感染の拡大を防ぐために必要な措置であることを理解する必要があります。

入院治療が必要な人は、肺結核、咽頭結核、喉頭結核または気管支結核の患者であり、塗沫検査の結果が陽性であるときです。また、結果が陰性であっても培養検査、核酸増幅検査などが陽性であり、かつ呼吸器などの症状がある場合も感染防止のために入院が必要です。

ここで様々な検査で感染はしていますが菌は排出していない人は外来治療が可能となります。一般的な入院期間は、約2~3カ月です。適切な治療をおこなえば2~3週間でほぼ感染力はなくなるのですが、慎重を期するため長期入院になるのです。

次に入院治療を順を追って説明します。入院中は保険所からの訪問、面接を受けます。これは患者さんに結核の事を理解してもらい、規則的な治療を続けてもらうため、また他の人に感染させた可能性についての情報を集めるための理由からです。そして、結核の治療では薬の服用がもっとも重要です。1日に1~3回、決められた時間に必ず薬を服用します。治療の効果を確認するため、月に一度のX線検査、2週間に一度の喀痰検査をおこない、また血液や尿をとって副作用の検査もおこないます。

入院中の注意事項としては、感染の拡大を防ぐため、患者さんだけではなく、面会に来た人も必ずマスクを着用します。症状が強く出ることもあるので最初の数週間は安静にします。そして、痰の検査を常におこない、感染の恐れがないこと、病状が安定したことなどを確認して退院時期を検討します。入院中は特に食事制限はないので通常の食事が可能です。感染のおそれがなく、体調も安定してきたら退院が可能です。ただし、外来治療に切り替えてからも服薬治療は続けます。